CRT-D システム

CRT-Dシステムは心臓の不整脈を監視して治療します。このシステムは、一般的に胸部に植込まれるCRT-D治療器(パルスジェネレータ、デバイス、本体とも言います)と、心臓に挿入され、本体に接続される3本のリードから構成されます。

CRT-D治療器

CRT-Dはいわゆる小型のコンピュータです。ケース内に安全に密封された電池で稼動します。CRT-Dは心臓の動きを常時監視し、不整脈を検出すると電気エネルギーを心臓に送ります。CRT-Dはペースメーカ、カーディオバーター、除細動器の役目をします。これらの治療法の詳細は、CRT-Dと植込み後の生活の「治療はどのように感じるか」を参照してください。
CRT-Dによる心調律の監視に伴い、心臓に関する情報が保存されます。担当医師はプログラマと呼ばれる専用コンピュータを使いこの情報を見ることができます。胸にあてたワンドを介して体外から機器とプログラマとの間で交信します。プログラマを使うことで、担当医師は心調律の評価をより良く行うことができ、プログラムされた治療が適正であるかどうかを判断することが可能です。必要な場合は、担当医師はプログラマを使いCRT-Dの設定を変更することができます。

CRT-D治療器

リード

心臓に植込まれ、CRT-Dに接続された絶縁導線をリードと言います。リードは心臓の電気信号をCRT-Dに伝えます。そして、CRT-Dが出す電気エネルギーを心臓に伝え、心臓の調律を整えます。

CRT-Dリード

ここで提供される情報はすべて皆様への情報提供を意図しており、医学的なアドバイスや診断に使用されるべきものではありません。
もし健康状態に関して何らかの不安があれば、医師にご相談ください。