不整脈 -不整脈って何だろう?不整脈を正しく理解するために 【監修】 清水 宏紀先生 [神鋼加古川病院 循環器内科部長]

こんな症状に心当たりはありませんか?

息切れ、フラツキ、めまい、失神、頻脈/期外収縮、急に胸がドキドキする、脈が飛ぶ、吐き気、胸が苦しい、締め付けられる
こうした症状に該当したら、それは不整脈が原因かもしれません。

不整脈って何?

不整脈は三種類。早い脈、遅い脈、飛んだり抜けたりする脈があります。
心臓を動かす電気の発生異常やその通り方が異常になる事で発生します。

不整脈はどうして起こるの?

不整脈が発生する主原因は、冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患等の心臓に起因する疾患です。
甲状腺異常や肺に病気がある人も不整脈になり易い傾向があります。

不整脈って怖いの?怖くないの?

ほとんどの不整脈は、実は無害です。脈がたまに飛ぶ程度であったり、症状の無い徐脈等はほとんど心配の必要はありません。
しかし、ある特定の不整脈には注意を必要とし、怖いタイプの場合があります。

不整脈ってどうやって診断するの?

不整脈を正しく診断する為に、幾つかの診断方法があります。
より正確な診断の為には、カテーテルを心臓内に入れた検査が非常に有効です。

不整脈ってどうやって治療するの?

不整脈と診断された患者さんには、効果的な治療結果とQOLをバランスさせる為に、幾つかの治療方法があります。

治療に使用する機器について

診断用カテーテル、アブレーション治療用カテーテルの紹介。

まとめ

不整脈は自覚症状に表れる場合とそうで無い場合があります。
又、自覚症状の有無と不整脈の重篤度合いが一致する場合と一致しない場合もあります。
従って、少しでも気になったら専門医を受診し、放置しない事がとても大切です。