バルーンによる拡張術とは

血管の内側の狭くなった部分にバルーンカテーテルを挿入して、バルーン(風船)部分を数回膨らませることで血管を拡げ、血液がスムーズに流れるようにする治療のことです。

治療前後のX線写真

血管に穿刺針を刺します。(造影剤を注入して血管の狭い部分を確認します。)

バルーンによる拡張術の特長

  • 同じシャントを長期間使用することができます。
  • 皮膚を切開せずに治療できるため、身体への負担が少なくなります。
  • 比較的手技時間が短く、また治療直後からの透析も可能です。

監修

大平 整爾先生
恵水会 札幌北クリニック

後藤 靖雄先生
仙台社会保険病院 放射線科

医療関係者の皆様へのご案内

弊社では患者様向けにシャントトラブルに関する冊子をご用意しております。ご希望の方は弊社担当営業員までご連絡下さい。
Web.Master-Japan@bsci.com

ここで提供される情報はすべて皆様への情報提供を意図しており、医学的なアドバイスや診断に使用されるべきものではありません。
もし健康状態に関して何らかの不安があれば、医師にご相談ください。